排水管の洗浄なんて不用ではないか。

排水管高圧洗浄って必要でしょうか?

 分譲マンションやビルの管理者様、飲食店オーナー様などですと排水管の定期清掃を行って貰った経験などがあると思います。

 では一戸建ての持ち家はどうでしょう?
 最近では、排水管の定期清掃というものが認知されてきており、一部のハウスメーカー様などでも新築から数年後のメンテナンス推奨事項になってまいりました。

 ただ、まだまだ認知度的には低い分野の技術であるため、過去に排水管詰まりなどのトラブルを経験されていない方からは定期清掃は不用ではないか?と言われることが多いと感じます。

 実際の所、私自身もトラブルが無ければ定期的な高圧洗浄は無理に行う必要がないと思っております。

 初見の業者が、キチンと直してくれて、再発の予見もないと判断した場合は次のトラブルまで様子見でも良いと思います。

 問題なのはトラブルが一度でも起きたという事実にはなんらかの原因はあるが、業者も初見では経年使用による自然の詰まりか。
 あるいは使い方に問題があるか、構造に問題があるか、不具合を見つけきれない場合です。
 次回、完全に閉管してしまう前に詰まりかけの状態で調査をしましょうとなります。

 排水管などに致命的な問題が見つかり、直ぐに修繕出来ないような内容の時は延命作業として高圧洗浄による詰まり抜きを実施する事も多いです。

 現場で良く見るのは、管の老朽化で割れている。木の根が管内に侵入している。排水勾配が悪くなっているetc

 排水管が悪いと言っても突然に何十万の修繕工事費は厳しいものがあります。

 お客様が本格的な修繕に踏み切るまで時間稼ぎをする技術者という位置付けかもしれません。

 もちろん、問題がない現場で初めて定期清掃を依頼されたお客様などには次回は10年先でも、トラブルが起きてからで良いですと正直に説明させて頂きます。

 各家毎に排水管の施工や使用状態も違いますのでアドバイスなども必要であれば致します。

 YouTubeなどで排水管清掃の動画などもありますので、ご覧になって自宅が気になるようなら最初はお試し感覚でやってみるのは良いかもしれません。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)